シャンプー 頭皮ケア

シャンプーで頭皮ケアをするには、ノンシリコンのシャンプー

「最近、髪の毛のボリュームが少ない。」「抜け毛が増えている気がする。」と感じられている方は、頭皮ケアを考える時期です。

 

頭皮ケアを考えるにあたって、ノンシリコンシャンプーは必須です。そもそもシリコンは髪の毛をコーティングして、指通りをよくする働きがあるのですが、シャンプーの本来の目的から言えば、必要ないのです。

 

頭皮環境を整えるには、まず髪の毛にとって不要な成分が含まれていないシャンプーを選ばなければいけません。シリコン以外にも硫酸系の洗浄成分など市販されているシャンプーには安価な髪の毛に悪い成分が多分に含まれているのです。

 

当たり前の話ですが、頭皮ケアをするには、その原因となっているシャンプーを髪の毛に良いシャンプーに変えてやることから始めましょう。

 

シリコン中毒になる前に、早めにノンシリコンへ

 

シリコンによって髪の毛をコーティングしている状態は、言わば髪の毛を化粧している状態です。巷では「ノンシリコンは髪の毛がギシギシするから好きじゃない」と言う方がいますが、それは自分の髪の毛が傷んでいるとカミングアウトしているようなもの。傷んでいるからこそ、ノンシリコンを使わなければいけません。

 

髪の毛がギシギシするからと言って、いつまでもシリコンを使い続けることは、肌がボロボロになってきたから化粧せずには外には出れないのと同じようなものです。

 

頭皮のケアもそうですが、髪の毛のケアのためにも出来るだけ早い段階からノンシリコンを一度体感してみてください。私の場合は、ノンシリコンのシャンプーと知らずに瞬間「このシャンプーは髪の毛に全く合わない!」と思って捨てそうになった経験があります。ここまで来ると、立派なシリコン中毒です。

 

シリコンが全て悪いわけではありませんが、髪の毛をごまかし続けてきているので、私のように髪の毛が傷んでいても気が付かなくなってしまうのです。たまたまノンシリコンのシャンプーを使ったとしても、私のように髪の毛に合わないと思ってしまっては改善するチャンスを逃してしまうことになります。

 

頭皮ケアの目的は、育毛環境を整えてあげることにもあります。シリコン中毒になる前に、一度ノンシリコンシャンプーを体感してみてください。

 

髪が傷んでいる人はシリコン入りのトリートメントでもOK

 

ノンシリコンシャンプーを使うと、髪の毛が傷んでいる場合、ギシギシすると感じることでしょう。まず、自分の髪の毛が傷んでいることを自覚することが、頭皮ケアの第一歩です。

 

しかし、髪の毛がギシギシの状態で年中過ごすのは無理があると思います。しっかりと髪の毛をセットして出かけることもあることでしょう。ですので、トリートメントはシリコン入りでも構わないと思っています。

 

トリートメントの役割は髪の毛をシットリとサラサラにすることにあります。シャンプーだけでもシリコンを辞めることで日々のシリコン量は1/2になり、一日中家でゆっくりする日などは、髪の毛を休めるためにトリートメントを使わないなど調整することで、髪の毛のシリコン濃度も薄くなっていきます。

 

無理して続かないということが一番良くないことなので、頭皮ケアを続けるためにも、少しずつ改善していきましょう。

 

ノンシリコンだけでシャンプーを決めてはいけない!

 

ノンシリコンシャンプーであれば、どんなシャンプーでもいいわけではありません。安いノンシリコンシャンプーは500円など低価格で販売されていますが、きちんとしたノンシリコンシャンプーは1500円〜4000円と販売価格に非常に差があります。

 

これはシリコン以外の配合成分に原因があります。

 

シャンプーの成分で最もお金がかかっているのは洗浄成分です。洗浄成分が安ければ安いノンシリコンシャンプーを作ることができますが、それでは髪の毛に良くない成分が使われているので、頭皮ケアとして意味がありません。

 

特に硫酸系の洗浄成分が使われているシャンプーは非常に髪に悪いので、アミノ酸系など髪の毛に良い成分が含まれているシャンプーを使用するようにしましょう。

 

頭皮ケアは毒性の強いシャンプーを手放すことから始まります。髪の毛に良くないシリコンや硫酸系の洗浄成分が含まれているシャンプーではなく、髪の毛に優しい成分で作られたノンシリコンシャンプーを選んでください。

 

 

 

 

 

ノンシリコンシャンプーはシリコンが含まれていないシャンプーで、薄毛や抜け毛が気になる方、頭皮ケアを考えられている方にオススメです。シリコンには髪の毛をコーテイングする成分が含まれており、髪の毛が細くなったり、栄養や潤い成分が浸透しにくくなることがあります。髪の傷みが激しい方は、髪の毛に美容成分などが浸透しなければ意味がないので、シャンプーにはノンシリコンを推奨しています。また、シリコンには髪の毛のキューティクルを剥がしてしまうことがあります。髪の毛のキューティクルは再生しません。髪の毛の修復は100%にはならないので、如何に髪のダメージを軽減できるかが重要になります。しかしノンシリコンには髪の毛がゴワゴワになりやすいとも言われています。傷んだ髪の毛をコートしないので、傷んだ髪の毛がむき出しになっているのです。しかし、良いノンシリコンシャンプーにはオイルや髪にツヤが出る成分が含まれていますので安心してください。髪の毛の補修には、髪に悪い成分を取り除き、髪のパサパサ感を保湿成分で潤わせることから始まります。稀にノンシリコンシャンプーを使うと加齢臭の臭いがするという声を聞きますが、それは酸化した臭いで防腐剤や酸化防止剤の代わりになる成分が含まれていなかったことにあります。保存方法は商品の容器の説明通りに保存してください。